2021年4月30日金曜日

中国で生きる女性こそ世界基準の美学を


 


中国で生きる女性こそ

自分の武器として

自分の軸として

世界基準の美学を纏い

日常生活を送られる事を

心からお勧め致します。



ダイナミックな事が多いかと思いきや

素っ気ないと思ったりと

予想できないことに遭遇する事もある

揺れ幅の多い中国生活の中で

自分自身は揺れずに

美学を元に過ごせたら

自分にも関わる皆様にも

敬意を表する私で居られると

私が心から思うからです。


私の経験上ですが

美しくないと

疑問を感じたとしても

慣れというのは怖いもので

いつの間にかこれで良いのかと自分も同化していたり

逆に、怒りの感情に浸っていたりと

中国での日常はサプライズで溢れており

人其々のオリジナリティが溢れておりますが

自分のオリジナリティを保つ事も大変なのではないかと

思っております、



自分のオリジナリティを美しく保つには

そして、周りの方への愛を心から望むのならば

美学という自分軸を持つ事は

必要不可欠だと思います。


美学というと

私に何てと思われる方や

中国では強さが必要だと

思われる方もいらっしゃると存じますが

美学とは計算です。

作られるものなのです。


大きい声を出すのではなく

多少の事では動じない美しい強さと

目の前の方も大きい声を出せない程の美しさを身に付けた

世界基準の美学を手にした女性の1人に

私自身もなりたいと思いますが

なりたいと思われる女性は

1日も早く扉を叩かれて下さい。


中国でも美学を元に

愛と感謝を循環できる自分で居たいと思われる方は

ASAMI-PARISの世界基準の美学を学ばれてみては

いかがでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿

着たいものを着る

  本日、ふと自分が着たドレスの事を思い出しました。 私が着用したドレスは Hepburnという名前で ドレスのデザインは Audrey Hepburnを思い出すものであります。 結婚式のドレス選びとは 楽しくワクワクするものだと思っていたのですが 私の場合は楽しく選んでいる時間...